脇差 畠田光守

  • 「わきざし はただみつもり」
  • 重要美術品
  • 銘 :折返し銘 光守造
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

 

刀剣 脇差 畠田光守 写真

畠田派は鎌倉時代の備前国(岡山県東南部)の一派で、その作風は、丁子刃の華やかな刃文を得意とし、同国で栄えた長船派や一文字派の刀工と類似する。

光森の現存作品が少ないものの、本作では足・葉の頻りに入った丁子刃の刃文を焼いておりその高い技量がうかがえる。

脇差 畠田光守 写真 脇差 畠田光守 写真 脇差 畠田光守 写真 脇差 畠田光守 写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS