脇差 越前康継

  • 「わきざし えちぜんやすつぐ」
  • 銘 :(葵文)以南蛮鉄於武州江戸 越前康継 骨喰吉光摸
  • 時代:江戸時代・17世紀

刀剣 脇差 越前康継

九州の大友家の骨喰藤四郎吉光を越前康継が摸作した作品。

原品は薙刀を脇差に直したもので、豊臣秀吉から秀頼に伝えられ、のち徳川秀忠の蔵刀となった。

その後原品は火災にあったが、これはそれ以前の摸作であり、当初の様子をよく写している。

刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 切先写真刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 切先写真刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 刃紋写真刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 茎、鎺、正面写真刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 彫金切羽写真刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 茎拡大写真刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 前方正面写真 刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 切先写真 刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 後方写真 刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 後方写真 刀剣 脇差 越前康継 骨喰藤四郎吉光写し 刀身写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS