脇差 越前康継(二代)

  • 「わきざし えちぜんやすつぐ」
  • 銘 :(葵紋)以南蛮鉄於武州江戸 越前康嗣
  • 時代:江戸時代・17世紀

脇差 越前康継(二代) 写真

康継は福井の刀工で、はじめ「下坂」と銘を切ったが、徳川家の抱工となり、家康から「康」の字を受けて「康継」と改銘し、葵紋を彫ることも許された。

この脇差は2代目の傑作で、とくに3体の仏像と、龍の彫物が見事である。

大胆で装飾的な刀身彫は江戸時代から見られる。

  • 撮影場所から探す

  • RSS