短刀 相州国光

  • 「たんとう そうしゅうくにみつ」
  • 重要文化財
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

短刀 相州国光 写真

相州国光は鎌倉鍛治の始祖となった刀工で、正宗の師である。

国光の作品は永仁元年(1293)が最も古く、この短刀はよく約んだ板目の地鉄に直刃を焼き、典型的な朔風が示されている。

寛文9年(1669)将軍家綱より仙台藩主伊達綱村が拝領し、伊達家に伝わった。

  • 撮影場所から探す

  • RSS