短刀 来光包

  • 「たんとう らいみつかね」
  • 重要文化財
  • 銘 :光包
  • 時代:鎌倉時代・14世紀

短刀 来光包 写真

光包は京都の来国俊の門人で、近江国(滋賀県)に住し、延暦寺の根本中堂で作刀したと伝えることから、中堂来光包とも呼ばれている。

この短刀はよく約んだ小板目の地鉄に直刃の刃文で、来国俊の門人であったことうかがわせる特色を示している。

越前松平家家に伝来した。

  • 撮影場所から探す

  • RSS