短刀 粟田口吉光(名物 岡山藤四郎)

  • 「たんとう あわたぐちよしみつ(おかやまとうしろう)」
  • 銘 :吉光
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

作者の吉光の通称である藤四郎と、岡山を治めていたいた小早川秀秋が所持していたことにより「岡山藤四郎」の名がある。

吉光は鎌倉時代の京・粟田口派の明光で、本作のような直刃の刃文を焼いた短刀を得意とした。

江戸時代には尾張徳川家に伝来し、幕末に宮中へ献上された。

  • 撮影場所から探す

  • RSS