短刀 堀川国広

  • 「たんとう ほりかわくにひろ」
  • 銘 :国広
  • 時代:江戸時代・17世紀

短刀 堀川国広 写真

堀川国広はもと日向国伊東家の家臣で、天正5年(1577)同家没落後は山伏となって鍛刀したとされ、慶長4年(1599)以降は京一条堀川に定住した。

この短刀は堀川に住した後に制作されと考えられ、沸のついたのたれ刃は典型的な作風を示すものの、片切刃造の形状や斧の刀身彫刻は珍しい。

  • 撮影場所から探す

  • RSS