短刀 越中則重

  • 「たんとう えっちゅうのりしげ」
  • 重要文化財
  • 銘 :則重
  • 時代:鎌倉時代・14世紀

短刀 越中則重 写真

則重は越中国の加持で、現在では相州鍛治である新藤五光国の弟子と考えるのが一般的である。

その作風は他の相州鍛治と同様に、硬軟の鉄を鍛え、沸の動きを強調した刃文を焼くが、地鉄が一段と肌立ち、沸がよくついた乱刃を焼いて、より激しい作風となる。

  • 撮影場所から探す

  • RSS