太刀 山城了戒

  • 「たち やましろりょうかい」
  • 銘 :了戒
  • 時代:鎌倉時代・13〜14世紀

太刀 山城了戒 写真

了戒は山城国で栄えた来派の刀工と伝え、同国坂本に居住し、一説には来国俊の子、あるいは弟子ともいう。

この太刀は、反りの強い製作当初の姿を留め、白け映りの立った地金に、匂口のうるんだ直刃の刃文を焼くなど同工の特色が顕著である。

  • 撮影場所から探す

  • RSS