太刀 手掻包永

  • 「たち てがいかねなが」
  • 重要文化財
  • 銘 :包永
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

太刀 手掻包永 写真

大和鍛治の銘を切った作品は、鎌倉時代後期になって頻繁にあらわれる。

大和五派のうち、手掻派(てがいは)は東大寺転害門の外辺に居住した一派で、包永を祖とし、室町時代末期まで続いた。

この太刀は物打のあたりに二重刃がみられるなど、包永の作風をよく示している。

  • 撮影場所から探す

  • RSS