太刀 手掻包永

  • 「たち てがいかねなが」
  • 重要文化財
  • 銘 :包永
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

太刀 手掻包永 写真

包永は鎌倉時代後期に奈良・東大寺の転害門の近くに居住したと伝え、一派は手掻派と呼ばれている。

この太刀は佩表(はきおもて)が細直刃(ほそすぐは)、佩裏(はきうら)が乱刃の刃文で、こうした表裏の刃文が異なる作風は包永にままあり、他に水戸徳川家に伝来した名物「児手柏」などが知られている。

  • 撮影場所から探す

  • RSS