透漆塗打刀

  • 「すきうるしぬりのうちがたな」
  • 銘 :定(以下切)の拵
  • 時代:安土桃山時代・16世紀

透漆塗の打刀 写真

柄は両端よりも中央をやや細くした立鼓(りゅうご)形で、黒漆塗りの鮫皮で包み、熏韋で菱巻としている。

鐔は素銅(すあか)(純銅)の丸形、鞘は透漆塗である。

中身は茎を切って磨上げた定利の太刀で、慶長5年(1600)、姫路城主木下家定の家老、青野甚左エ門が奉納したと伝える。

  • 撮影場所から探す

  • RSS