太刀 号 獅子王(大和物)

  • 「たち ししおう」
  • 重要文化財
  • 銘 :無銘 大和物(号 獅子王)
  • 時代:平安時代・12世紀

太刀 大和物(号 獅子王) 写真

源頼政が鵺を退治し、天皇より賜ったとされる太刀です。
鎬が高く、細身で腰反りが強くついた姿はは平安時代後期の古風なもので、地鉄は板目がかかったものとなり、刃文は匂口の締まった直刃となります。
総体に大和鍛治の特徴がよく示された名品です。

獅子王 写真

  • 撮影場所

  • RSS
    ※引用:東京国立博物館 - トーハク