太刀 志津兼氏

  • 「たち しづかねうじ」
  • 重要文化財
  • 銘 :兼氏
  • 時代:南北朝時代・14世紀

兼氏は美濃国の刀工で、相州正宗の弟子と伝え、その作風も相州正宗らの得意とした沸を強調したものとなる。

これは身幅が広く大鋒となった南北朝時代の姿を示し、地鉄は板目に地沸が厚くつき、刃文は直刃調に互の目を交えて沸がつくなど、兼氏の一作風を示している。

太刀 志津兼氏 写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS