太刀 長船盛光

  • 「たち おさふねもりみつ」
  • 銘 :備州長船盛光
  • 時代:室町時代・応永23年(1416)

刀剣 太刀 長船盛光 写真

備前国の長船盛光は、康光と並んで「応永備前」と称され、室町時代初期の代表的な投稿である。

この太刀はやや寸法が短く、室町中期以降に多くみられる打刀に近いが、刃文に同工の特色である「互の目丁子刃」を焼いて見事である。

刀剣 太刀 長船盛光 刀身写真刀剣 太刀 長船盛光 刀身刃文写真 刀剣 太刀 長船盛光 刀身刃文写真 刀剣 太刀 長船盛光 前方写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS