太刀 長船光忠

  • 「たち おさふねみつただ」
  • 重要文化財
  • 銘 :光忠

刀剣 太刀 長船光忠 の正面写真

光忠は鎌倉時代中期の刀工で、長船鍛治の事実上の祖といわれる。

この太刀は板目の地鉄に丁子刃を主体とした刃文を焼いて華麗である。

長船派よりも早く鎌倉時代前期から中期に繁栄した一文字派との関連をうかがわせる作風を示している。刀剣 太刀 長船光忠 の切先写真 刀剣 太刀 長船光忠 の刃文写真 刀剣 太刀 長船光忠 の茎写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS