太刀 黒漆打刀

  • 「くろうるしのうちがたな」
  • 国宝
  • 銘 :助真の拵
  • 時代:安土桃山〜江戸時代・17世紀

徳川家康が助真の太刀を指料とするために作らせた拵。

柄は両端よりも中央をやや細くした立鼓形で、黒漆塗りの鮫皮で包み藍韋で菱巻とする。

鞘は黒漆塗、鍔は鉄の丸型で菱形を透かす。

総体に黒を基調とした質実で重厚な仕立てで、桃山時代の代表的な拵である。

  • 撮影場所から探す

  • RSS