太刀 古備前友成

  • 「たち こびぜんともなり」
  • 銘 :備前国友成
  • 時代:平安時代・12世紀

太刀 古備前友成 写真

古備前は平安時代後半における備前鍛治の総称であり、友成は正恒とならぶ名工。

この太刀は日本刀が鎬造りで反りのついた形式が完成した時期のもので、製作当初の形状を留め、小板目の地鉄に沸と呼ばれる輝く粒子がよくついた小乱れの刃文を焼いており古雅である。

  • 撮影場所から探す

  • RSS