太刀 古備前国包

  • 「たち こびぜんくにかね」
  • 重要文化財
  • 銘 :国包
  • 時代:平安時代・12世紀

太刀 古備前国包 写真

備前鍛冶の中で鎌倉時代初期にあらわれた一文字派以前のものを古備前という。

中国山地の豊富な鉄資源を背景に、多くの刀工が存在したと思われ、友成、正恒などが著名である。

国包もその一人と考えられるが、現存作品は少ない。

小乱や丁子刃の華やかな刃文である。

太刀 古備前国包 写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS