太刀 古青江貞次

  • 「たち こあおえさだつぐ」
  • 重要文化財
  • 銘 :貞次
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

青江鍛治は平安末期から備中国青江郷に栄えた鍛治で、なかでも鎌倉初期までのものを古青江と称している。

古青江の刀工定次は、後鳥羽院の番鍛治の一人として知られ、この太刀は肌立った地金に、小乱小丁子刃の刃文を焼き、刀工の特色が顕著である。

 

  • 撮影場所から探す

  • RSS