太刀 長船兼光(名物 福島兼光)

  • 「たち おさふねかねみつ(ふくしまかねみつ)」
  • 重要文化財
  • 銘 :備州長船住兼光 観応□年八月日
  • 時代:南北朝時代・14世紀

兼光は景光の子と伝え、備前長船派の棟梁として14世紀前半に活躍した。

この太刀は福島正則が広島の本覚寺から手にいれたため、「福島兼光」と呼ばれ、その後加賀前田家に伝来した。

南北朝らしい大振りで豪壮な姿で、刃文は小互の目小丁子を交えている。

太刀 長船兼光(名物 福島兼光)切先写真 太刀 長船兼光(名物 福島兼光)刀身写真 太刀 長船兼光(名物 福島兼光)刀身彫金写真 太刀 長船兼光(名物 福島兼光)茎写真 太刀 長船兼光(名物 福島兼光)後方写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS