太刀 福岡一文字吉房

  • 「たち ふくおかいちもんじよしふさ」
  • 国宝
  • 銘 :吉房
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

太刀 福岡一文字吉房 写真

備前国福岡庄に住した一文字派のなかで、吉房は最も華やかな丁子刃の作風を示す刀工として知られている。

吉房の太刀における、身幅が広く豪壮な姿や、華やかな丁子刃を焼いた刃文は、備前刀のもっとも成熟した形として定評があり、本作品はまさにその典型作といえる。

  • 撮影場所から探す

  • RSS