太刀 豊後行平

  • 「たち ぶんごのゆきひら」
  • 銘 :豊後国行平作
  • 時代:平安〜鎌倉時代・12〜13世紀

太刀 豊後行平 写真

豊後国(大分県の大部分)の行平は英彦山(ひこさん)の僧鍛治定秀(じょうしゅう)の弟子といわれ、平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した刀工えある。

この太刀は、当時の他の九州鍛治に比べて刃文がやや冴えており、行平独特の彫刻が施されている。

銘は佩裏(はきうら)にきられている。

  • 撮影場所から探す

  • RSS