太刀 備前元重

  • 「たち びぜんもとしげ」
  • 銘 :備前長船住元重観応二十二年十二月日
  • 時代:南北朝時代・観応4年(1355)

刀剣 太刀 備前元重 写真

元重は鎌倉末期から南北朝期の長船鍛治で、兼光や長義とも別系統の刀工と考えられている。

板目が流れて柾がかかった地金に、互の目丁子の交じった刃文で、茎の棟寄りに小さく銘と年紀をきっている。

生ぶ茎で当初の姿を伝える貴重な太刀である。

太刀 備前元重 写真 太刀 備前元重 写真 太刀 備前元重 写真 太刀 備前元重 写真太刀 備前元重 写真

 

  • 撮影場所から探す

  • RSS