太刀 綾小路定利

  • 「たち あやのこうじさだとし」
  • 重要文化財
  • 銘 :定(以下切)
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

太刀 綾小路定利 写真

定利は京綾小路に住んだ刀工と伝え、刀剣古伝書には年代を文永(126475)の頃としているが、現存作品からみるとやや遡ると考えられる。

この太刀は磨上げられて、「定」で銘が切れているが、切り取られた茎の先が別に残っており、「利」の一部が認められる。

  • 撮影場所から探す

  • RSS