太刀 尻懸則長

  • 「たち しっかけのりなが」
  • 重要文化財
  • 銘 :大和則長作
  • 時代:鎌倉時代・13〜14世紀

大和尻懸派の則長は、鎌倉時代末期の刀工で、同国の手掻包永などと作風がよく似ている。

直刃調の刃文があるが、包永に比較して小互の目が連続する特徴があり、この太刀もその特色が顕著である。

明治42年、前田利為から東宮(のちの大正天皇)に献上された。

 

  • 撮影場所から探す

  • RSS