薙刀 長船元重

  • 「なぎなた おさふねもとしげ」
  • 重要美術品
  • 銘 :備州長船住元重 建武五年三月日
  • 時代:南北朝時代・建武5年(1338)

元重は鎌倉末期から南北朝期に活躍した長船鍛治で、兼光や長義とは別系統の投稿と考えられている。

板目が流れて柾がかった地鉄に、直刃調の刃文を焼く。

茎の棟寄りの表裏に小さく銘と年紀をきる。

茎も当初のままで南北朝時代の薙刀の姿を伝えている。

  • 撮影場所から探す

  • RSS