刀 相州綱広

  • 「かたな そうしゅうつなひろ」
  • 銘 :相州住綱広
  • 時代:室町時代・16世紀

刀 相州綱広 写真

鎌倉時代後期に新藤五国光から始まる相州鍛治は、室町時代に至ってもその命脈を保ち、一派は「末相州」と呼ばれた。

綱広は末相州を代表する鍛治で、これは先反りのついた姿で、白けた板目肌の地鉄に皆焼(ひたつら)の刃文を焼いており、その特色がよく出ている。

  • 撮影場所から探す

  • RSS