刀 関兼定

  • 「かたな せきかねさだ」
  • 銘 :濃州関住兼定作
  • 時代:室町自裁・15世紀

刀 関兼定 写真

室町時代の美濃鍛治の中でとくに著名な刀工は兼元と兼定である。

兼元は孫六兼元が有名で、兼定は宀の下を之ときるための之定と称されるようになる前の初期の作品で、直刃の作風で地鉄がよい。

  • 撮影場所から探す

  • RSS