刀 関兼元

  • 「かたな せきかねもと」
  • 銘 :兼元
  • 時代:室町時代・16世紀

刀剣 刀 関兼元 写真

兼元は関の孫六名で親しまれるように、室町時代後期の美濃鍛治を代表する刀工である。

同盟が数代続いたと考えられ、その特徴は三本杉と呼ばれる尖った刃文にある。

この刀は先反りがつき、小板目の地金で、「兼元」と二字銘をきった典型的な作品である。

刀 関兼元 写真 刀 関兼元 写真 刀 関兼元 写真 刀 関兼元 写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS