刀 勢州村正

  • 「かたな せいしゅうむらまさ」
  • 銘 :勢州桑名住村正
  • 時代:室町時代・16世紀

刀 勢州村正 写真

村正は室町時代後期の伊勢桑名の刀工で、数代続いたともされる。

徳川家康をはじめその父子が村正によって死傷したため、同家に祟るとされ、江戸時代には妖刀伝説が生まれた。そのため銘を改ざんされたものが多い。

  • 撮影場所から探す

  • RSS