刀 来国次

  • 「かたな らいくにつぐ」
  • 重要文化財
  • 銘 :金象嵌銘 来国次 本阿(花押)
  • 時代:鎌倉〜南北朝時代・14世紀

刀 来国次 写真

来国次は鎌倉時代末期に、京都で隆盛した来派の刀工で、同派のなかでも沸の強い激しい作風を示す作品が多い。

これは本阿弥家十二代の光常が来国次の作と極めたもので、沸のよくついたのたれ調丁子刃を焼き、足、葉が盛んに入るなど、その特徴をよく示している。

  • 撮影場所から探す

  • RSS