刀 長船光忠

  • 「かたな おさふねみつただ」
  • 重要文化財
  • 銘 :無銘
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

刀 長船光忠 写真

光忠は鎌倉時代中期の刀工で、中世における日本刀の最大流派であった備前国・長船派の事実上の祖とされる。

これは後世磨上げられて無銘となった刀で、映りの立った小板目の地鉄に、蛙子丁子が交った丁子刃の刃文を焼き、光忠の特徴がよく示されている。

  • 撮影場所から探す

  • RSS