刀 古備前正恒

  • 「かたな こびぜんまさつね」
  • 銘 :無銘
  • 時代:平安時代・12世紀

刀剣 刀 古備前正恒 写真

元来は太刀で、磨上を施して刃長(刃わたり)を短くした無銘の刀である。

映りの立った地鉄、沸のよくついた小乱を焼いた刃文は古備前の特徴を示し、とりわけ潤いのある地鉄と刃中の繊細で豊富な変化は古備前のなかでも正恒のような名工の作品に多い。

刀 古備前正恒 の写真 刀 古備前正恒 の写真 刀 古備前正恒 の写真 刀 古備前正恒 の写真刀 古備前正恒 の写真刀 古備前正恒 の写真刀 古備前正恒 の写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS