刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)

  • 「かたな そうしゅうさだむね めいぶつ きっこうさだむね」
  • 国宝
  • 銘 :無銘(亀甲紋)
  • 時代:鎌倉〜南北朝鮮・14世紀

相州鍛治、彦四郎貞宗は五郎入道正宗の実施とも養子とも伝えらえれる。

鎌倉様式の太刀に磨上を施したもので、その名は茎の差裏に亀甲紋が彫られていることによる。

よく約んだ地鉄に、小のたれを基調とした乱刃で、師正宗と見紛うほどの作風を示している。

刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)茎亀甲写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)切先拡大写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)刀身写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)茎亀甲紋写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)切先写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)刀身拡大写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)茎写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)正面後方写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)前方写真 刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)前方写真 刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)茎後方写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)茎拡大写真

刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)斜め前方写真刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)前方写真 刀剣 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)前方写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS