刀 長船勝光・宗光

  • 「かたな おさふねかつみつ・むねみつ」
  • 時代:室町時代・15世紀

刀 長船勝光・宗光 写真

備前鍛冶のうち、室町時代後期の作品を末備前と呼んでいる。
そのなかで、次郎左衛門尉勝光と左京進宗光はその代表工として知られている。
この刀は寸法が短く先反りのついた姿で、互の目に丁子刃を交えた刃文を焼き、末備前の特徴が顕著である。

  • 撮影場所

  • RSS
    ※引用:東京国立博物館 - トーハク