刀 井上真改

  • 「かたな いのうえしんかい」
  • 重要美術品
  • 銘 :井上真改 延宝二年二月日
  • 時代:江戸時代・延宝2年(1674)

刀 井上真改 写真

井上真改は日向国(宮崎県)出身の初代和泉守国貞の次男で、はじめ同名を名乗った。

万治4年(1661)朝廷より菊紋を賜り、寛文12年(1672)に真改と名を改めた。

沸の激しい浅いのたれ刃を基調とした刃文を得意としたが、この作品では浅い互の目刃を焼いており珍しい。

  • 撮影場所から探す

  • RSS