刀 肥前忠吉 (2代目)

  • 「かたな ひぜんただよし」
  • 銘 :寛永五年八月吉日南蛮鉄肥前国住人忠吉作
  • 時代:江戸時代・寛永5年(1628)

刀 肥前忠吉(2代目)写真

この刀は、初代ではなく2代目忠吉の作である。

初代忠吉が元わ10年(1624)に武蔵大掾忠広と改名したのち、忠吉の名を娘婿に譲った。

二代目忠吉はやがて土佐守を受領し、土佐守忠吉と銘をきっている。作品は比較的少なく、受領前の作は初代忠吉と混同されやすい。

  • 撮影場所から探す

  • RSS