刀 伝当麻

  • 「かたな でんたいま」
  • 重要文化財
  • 銘 :金象嵌銘 ゆきふきかけ 山もかすみて ほのぼのと あけ行春の たきまちのそら 一翁
  • 時代:鎌倉時代・13世紀

大磨上を施した無銘の刀で、江戸時代中期の鑑定家、本阿弥光忠が、鎌倉時代の大和五派の一つ、「当麻」と極めている。

鎬釘が広く、鎬の高い造込に大和物の特色がみられ、細かい板目の明るい地鉄や冴えた刃文は一派の作風をよく示している。

刀剣 刀 伝当麻 切先写真 刀剣 刀 伝当麻 直刃写真 刀剣 刀 伝当麻 茎写真刀剣 刀 伝当麻 斜め前写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS