刀 伝筑州左

  • 「かたな ちくしゅうさ」
  • 銘 :金象嵌銘 本阿(花押)左
  • 時代:南北朝時代・14世紀

刀剣 刀 伝筑州左 正面写真

左は左衛門三郎の略とされ、左文字とも呼ばれる。

筑前国(福岡県)に居住し、正宗など相州鍛治の影響を受けた沸を主体とした刃文を焼くことで知られる。

これは本阿弥家十一代光音が左の方と極めたもので、匂い口が冴え、金筋がかかり沸のよくついた刃文は一派の特徴を示している。

刀 伝筑州左 切先写真 刀 伝筑州左 刀身写真 刀 伝筑州左 茎写真 刀 伝筑州左 後方写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS