陣羽織 赤天鵞絨無地(丸十字紋付)

  • 「じんばおり あかびろーどむじ(まるじゅうじもんつき)」
  • 時代:江戸時代・19世紀

中世にヨーロッパからもたらされたビロードを中国や日本では天鵞絨と称した。

1万羽の鳥の羽毛でようやく1枚製作できるという伝説の

「天鵞絨」を思わせることから、そう呼ばれたのであろう。

毛長のビロードで丸十字の家紋を織らせた特注の陣羽織である。

  • 撮影場所から探す

  • RSS