武具 白糸威二枚胴具足

  • 「しらいとおどしにまいどうぐそく」
  • 時代:江戸時代・17世紀

尾張徳川家の初代藩主となった徳川義直(160050)が大阪の陣の際、携帯したと伝えられる具足。

胴・袖は銀箔押しの札を白糸で威し、胴や草摺りの袖には銀魚子地に葵紋や桐紋の金物を打つ。

兜は黒漆塗りの唐冠形で、儒学に通じた義直の一面をうかがわせる。

  • 撮影場所から探す

  • RSS