黒韋肩白威胴丸

  • 「くろかわかたじろおどしのどうまる」
  • 重要文化財
  • 時代:南北朝時代・14世紀

藍で深く染めた韋(かわ)を甲冑の威に用いた場合、黒韋と呼んでいる。

この胴丸は前後の立挙二段を白糸とした黒革肩白威である。

草摺を八間に分け、胸板などの金具廻りは藻獅子革包とし、胸には杏葉を下げて、南北朝から室町時代ひおける典型的な形式を示している。

  • 撮影場所から探す

  • RSS