武具 模造 樫鳥糸威鎧

  • 「もぞう かしどりいとおどしのよろい」
  • 時代:平安時代・12世紀

武具 模造 樫鳥糸威鎧 正面写真

昭和12年、小野田光彦によって制作された愛知県の猿投神社の樫鳥糸威鎧の忠実な模造。

樫鳥糸威鎧の胴に、黒韋威の脇盾、二種の小桜韋威の袖を配するのは現品の現状に基づくものである。

平安時代の華やかな配色の鎧の姿が復元的に理解できる。

武具 模造 樫鳥糸威鎧 左前写真 武具 模造 樫鳥糸威鎧 右後ろ写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS