鐔 達磨図鐔

  • 重要美術品

鐔 達磨図鐔 正面写真

金家は安土桃山時代の京・伏見に居住した鐔工で、モチーフを半肉状にあらわして余白を効果的に用い、鐔のなかに空間を感じさせる表現を開拓した。

これは渋い地鉄に金銀の象嵌を施してアクセントをつくり、山深い渓谷の光景が独自の枯淡さを醸し出している。

鐔 達磨図鐔 正面写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS