武具 紅糸威二枚胴具足

  • 「べにいとおどしにまいどうぐそく」
  • 時代:江戸時代・17世紀

武具 紅糸威二枚胴具足 正面写真

兜は栄螺(さざえ)の形を張懸(はりかけ)で表す。

胴は二枚胴で、前胴は中央に鎬を立てた南蛮形、後胴は板札紅糸で菱綴にして、「本多内匠 ほんたたくみの助」の金泥書で施す。

袖・佩楯は魚の鱗を思わせる鱗札仕立てで、全体に金・白・紅といった華やかな配色の具足である。

武具 紅糸威二枚胴具足 背面写真 武具 紅糸威二枚胴具足 背面拡大写真

 

武具 紅糸威二枚胴具足 右横面写真 武具 紅糸威二枚胴具足 左正面写真

  • 撮影場所から探す

  • RSS